2021年12月03日

観察!包茎先生!! 7話

修学旅行2日目になり、日中は引率の仕事で忙しかった。
北出に毛をそり落とされたとはいえ、ズボンの上からではわからないし、トイレでは個室に入れば見られることもない。
それでも、時折気になってしまい、さらにあれだけチンポをいじくられたうえに射精はさせてもらえなかったため、普段から1発2発出すのは亜たたり前の直樹は悶々としていた。
股間が疼くように熱を持ちたまらず勃起してしまうこともあった。
不幸中の幸いかサイズが小さくズボンの盛り上がりもほとんどないため、本人以外には全くバレていなかったが、直樹としては気が気ではなかった。
遊びまわる生徒を汗まみれになりながら引率し、なんとか無事トラブルもなく仕事を終えた。
そして旅館に戻ってからさっそく北出に呼び出された。

「じゃあ、さっそく確認しましょうか。全部脱いでください」
「……」
断れるはずもなく、直樹は北出がじろじろと見ている中、服を脱いでいく。
パンツを脱ぐ前に手が一瞬止まるが、ジロリとにらまれて一気にパンツを脱ぎ捨てる。
「うわっ、もうビンビンじゃないですか。まだ2日目ですよ?」
北出のいうとおり、直樹のチンポは既に限界まで勃起していた。
皮をかぶったままピンと上を向いている包茎チンポ。
既に我慢汁でべとべとに汚れている。
汗と汁に汚れたチンポは強い臭いを発していた。
「くっせぇ……、ちゃんとオナ禁は守ってるみたいですね。皮剥いてみてくださいよ」
「くそっ……」
言われるがままに皮を根元まで剥き下ろす。
むわっと部屋に臭気が広がる。
「さすがにこのにおいはやばいですって。……あっ、チンカスついてますよ、先輩(笑)」
「しょ、しょうがないだろ……」
日中汗まみれになり、チンポも勃起し我慢汁が熟成された結果、カリ首にうっすらとチンカスができはじめていた。
「じゃあ今日はこのままチンポは洗わないでいましょうか。あ、臭いがきついんでタオルで体ふいといてくださいね」
「こ、このままか?」
「だって洗ってたらイっちゃうかもしれないでしょ。匂わないように皮に蓋しときますか」
「んぐううっ!」
そういって紐を取り出すと、先端に皮を集め紐で縛り上げてしまった。
パンパンに張り詰めたチンポに、先端で余った包皮が紐で縛られ巾着のようになっている。
「これで少しは匂わないでしょ」
「ト、トイレはどうすればいいんだよっ」
「このままですればいいじゃないですか、どうせもうチンカスで汚れてるんだし一緒ですよ(笑)」
こんな目にあっているというのに直樹のチンポはビンビンのままむしろより硬くなっていた。
ビクビクと脈動し続け、刺激を待ち望んでいる。
自前の包皮を貞操帯変わりにされた直樹は、どうすることもできず自室へ戻るのだった。


そして修学旅行3日目
直樹のチンポは限界まで近づいていた。
腰の奥が重く感じられ、少しでも刺激があればすぐに勃起してしまう。
しかも一度勃起すると紐で縛られた皮が突っ張り逆にそれが刺激になってなかなか萎えないのだ。
小便は包皮をべとべとに汚しながらするしかなく、我慢汁で包皮はべとべとに汚れ、風呂にも入っていないためチンカスと小便の臭いを発していた。
お昼休みに直樹は北出に呼び出される。
「ちょっと確認しましょうか。トイレ行きましょうよ」
個室へ入りズボンとパンツを脱ぐように言われ、チンポを露出する。
「……くっさ。ちゃんと我慢してるみたいですね」
紐で縛られたままのチンポをいじくりながら確認してくる。
ビンビンになり皮が張り詰めたチンポを触られ
「な、なぁ。いつまでこれつけてないとだめなんだ?」
「う〜ん、旅行が終わってから……まあそのうちに」
「もう、限界なんだよ。ずっと勃ちっぱなしで痛くて……もしバレるかと思うと……」
「こんな短小チンポが勃起してもわかりませんって。じゃあまた後で」
そういって一人だけトイレから出ていったしまった。
残された直樹はジンジンと痺れるようなチンポを持て余しどうすることもできないのだった。

>ひできさん
新作のご購入ありがとうございます!
ファンボも今のところ一週間に1回は更新していく予定ですのでよろしくお願いします!


posted by たぬき at 18:00| Comment(0) | 包茎先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集