2021年10月07日

治療院 case1:後藤陽太 カルテ2

case1:後藤陽太 カルテ2

「どうですか? その後の試合では」

「はい! 変に緊張することもなくなっておかげさまで少し人気も出てきたみたいです!」

「それは良かったですね、では今日もカウンセリングの続きをしましょうか」

・・・・・・・・

「じゃあまずは陰部の確認から行いますね」

「……はい」

そういって自ら全裸になり、医者の前に立つ陽太。チンポはちゃんと紐で強制的に包茎にされている。

医者の手がチンポに触れ、紐をほどいていく。

「うっ……」

ほんの僅か触っただけでも小さなチンポはあっというまに勃起してしまった。紐をほどき余った包皮を根元へたぐりよせながら

「うん、ちゃんと結んだままにしていたみたいですね。……何回オナニーしたんですか? ずいぶん汚れていますが」

丸出しになった亀頭にはびっしりとチンカスができてしまっていた。むわっと広がる強い臭いに思わず顔をしかめる。

「……毎日2回、朝と夜に抜きました。」

「さすが若いだけあって元気ですね。ちゃんと皮でしごきましたか? それと今もすぐ勃起してましたが、普段からそうなんですか?」

「……いつも皮でやってたので。俺、チンポが勃ちやすいみたいでふとした拍子に勃っちゃうんです」

チンポをビクビクと震わせながら恥ずかしげもなく質問に答える。

「仕事の時はどうしてたんですか? あんなパンツで勃起したら周りにバレませんか?」

「……仕事の時は小さいファールカップのようなものをつけてごまかしてました」

「なるほど、今回ずいぶん汚れているようですが臭いとかは大丈夫でしたか?」

「……風呂で皮は洗うようにしてたんですが中までは洗えないので……。パンツに芳香剤をつけてごまかしてました。先輩にはちゃんと皮剥いて洗えよって笑われました」

普段から人前で裸になることが多い仕事のため、同僚や先輩には自分が短小包茎だということはバレている。そのことで馬鹿にされることなどはないが、たまにからかわれることはあった。

催眠状態とはいえ、短小包茎チンポを人前にさらしチンカスまみれの亀頭を見られていることに変わりはなく、顔を真っ赤に染めながら質問に答える。

「そうですか、じゃあ今回はここを綺麗にしておきましょうね」

そういってウェットティッシュを取り出し、皮を後退させ剥き出しになった亀頭をこびりついたチンカスをとるために強くこすり上げる。

「あぐっ!! んぐううっ!!」

強すぎる刺激に思わず腰を引き逃げようとする陽太をがっしりと捕まえ、グリグリと亀頭をいじくりまわす。

「ちょっと痛いかもしれませんが我慢してくださいね。この臭いじゃあ周りの迷惑になりますからね」

「ひぎっ! は、はいっ……!!」

チンカスをからめとりピンク色の亀頭が見えてくる。強すぎる刺激に完全に萎えてしまっている陽太のチンポ。小さく縮こまっている。

最後に鈴口をぐりっとひねり上げると

「あっ、あぁっ……!!」

とうめき声をもらしながら小便を漏らし始めてしまった。

「す、すみませっ……んんっ……」

もう自分では止めることができずじょろじょろと床を汚していく。

短小包茎チンポから子供のようにおもらししてしまった陽太は呆然とした様子で自分の吐き出した小便を見下ろしている。

「大丈夫ですよ、こちらで片づけますので」

おもらし姿までもが撮影されていることも知らず陽太はカウンセリングの効果が出てきたと呑気に帰っていくのだった。


>ひできさん
本人の知らぬ間に……ってのが好きなシチュです^-^

>そうたさん
皮の中が大変なことに……!!
posted by たぬき at 09:22| Comment(1) | 治療院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
催眠によって本人の意思とは無関係にコンプレックスを
更に悪化させるって良いですね。
皮を紐で括って強制的に包茎にしちゃうとか最高です。
元々包茎でもズルムケでも堪らないです(^^)
Posted by ひでき at 2021年10月07日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集