2021年07月20日

短小包茎ビルダー 最終話

亀頭オナにオナ禁と早漏防止訓練を続けてきた隆二だったが、その効果は一向に現れなかった。

相変わらず先端まですっぽりとかぶった包茎で大きさも変わらず小指サイズのままだ。

今は大会にむけて陰毛をすべて剃り落としているため、普段は毛に隠れている部分も見えるようになり多少は大きく見えている。

さらにはオナ禁をしていたため、多少膨らみは大きく玉も垂れ下がっている。

しかし、毛がないために余計に子供のように見えてしまいアンバランスな肉体とペニスを強調していた。


前回の大会で全裸をさらしてから初めてとなる公の大会。

控室に入った隆二の姿を見てほかの選手がこっそりとささやきあっている。

時折聞こえてくる「包茎」や「短小」の単語を必死に意識から追い出し大会に集中する。

前回の醜態を晴らすため、今回はより絞ってきた。

鍛え上げられた肉体、小さなパンツに詰め込まれたペニスのふくらみはとても小さい。

隆二の順番になり、音楽に合わせてポージングをしていく。

しばらくすると、だんだんと体が暑くなってくることに気づいた。

(なんだ……? 体が熱い……)

普段と違う自分の体に違和感を覚えながらもポーズを決めていく。

原因はファンから差し入れされた飲み物に入れられた催淫剤の効力だった。

全身が敏感になり、ポーズを決めるたびに体が撫でられているような快感が走る。

(だ、だめだ……勃っちまう……)

我慢しきれずに隆二の小さなペニスは体積を増してしまう。

小さな膨らみだが通常時でギリギリの張り詰めたパンツを履いているため勃起してしまうとその形がまるわかりだ。

しかもこのパンツも差し入れされたもので引き延ばされ汗がにじんだパンツはうっすらと透けてきてしまっている。

遠くからはわからないだろうが、ステージから見て一番近い席からは隆二の姿がハッキリと見えているようで小さく声が上がり始めている。

今やギンギンに勃起してしまいくっきりと形を浮かび上がらせている短小包茎チンポ。

透けてしまい包皮がかぶっている様子も見えてしまっている。まるで全裸でポージングをする変態のような姿になってしまっている。

そして音楽とポージングが終わると同時に力を込めた隆二は、オナ禁と薬の効果でたまらず射精してしまった。

「うっ……くっ……」

小さくうめき声を漏らしながらパンツを汚す隆二。大量の精液がパンツを汚し鍛えられた太ももと伝っていく。

ブルブルと体を震わせる隆二の姿を最前席からはどうみているのだろうか。中には射精していることに気づいているものもいるかもしれない。

自分の順番を終え隆二は急いでトイレへと駆け込む。

汚れたからだとパンツをトイレットペーパーでふき取り、いまだ勃起したままのペニスを握りしめる。

すぐに射精感がやってきて、たまらずそのままトイレの壁へと精液の塊をぶちまけていく。

何も考えられずそのまま帰路へとつく隆二。


前回同様、隆二の姿は無修正でネット上に流されていた。

ほとんど全裸で勃起したままポーズをとる姿、勃起しても皮をかぶったままの小さな包茎チンポ、最後に射精する姿が前回と違い動画で流されていた。

本人の知らぬところで隠してきたコンプレックスを晒され続けるのだった。



>しょうさん
お久しぶりです^^
ようやく更新できました。別シリーズも始めていきたいと思ってますのでよろしくお願いします!

>ひできさん
いつもありがとうございます!
ブログでも別シリーズ始めようと思いますのでよろしくお願いします^-^
posted by たぬき at 20:00| Comment(1) | 短小包茎ビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!

新シリーズも楽しみにしてます。
またDL販売とかもありましたら同様に楽しみです
Posted by ひでき at 2021年07月21日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集