2015年10月28日

番外編1

最初にチェックを受けた金髪の男、秋山大地がペニス増大コースを受けていた。
亀頭も幹も金玉までもが小さく毛が生えていなければ小学生の一物かと思ってしまうほどの情けないペニス。
小ささとは対照的に性欲は旺盛で、毎日抜いても足りないほどで無類の女好きだ。
中学生のころ彼女に小さなペニスを笑われて以来、ひたすら隠してきた。
風俗嬢はさすがプロで大地の一物を笑ったりはしないので、抱きたくなれば風俗へ行くことしかできず素人童貞だ。

ちいさなペニスをギンギンに勃起させ破裂しそうに亀頭を膨らませている。
筒状のチューブを股間に取り付けられ、講師が機械をいじるたびにチューブが空気を吸いあげペニスが吸引されていく。
「うぐぐっ……!」
「つらいかもしれませんが、今我慢したらその分効果がでますからね、頑張ってください」
小さなペニスがチューブの中でパンパンに膨らみ、大地の顔が苦痛にゆがむ。
陰毛は少しでもペニスを大きくみせるために根本に少しだけ残して剃られている。
小さなペニスが大きくなるようにと大地は必死に与えられる刺激に耐え続けた。

吸引装置によって多少は大きくなるかと思われたペニスだったがほとんど効果はなかった。今でも小さな包茎チンポが股の間にぶらさがっている。
今度はリングで竿と玉の根本を締め上げ勃起状態を維持しサイズを大きくすると説明された。
普段皮に包まれ守られている大地の亀頭は刺激に弱く、勃起したままパンツをはくとこすれてしまいそのたびに感じてしまう。
日常生活でもリングをつけているように指示されたせいで、時折リングを外すとき以外は常に快感を得ている状態だ。
早漏でもある大地にとってパンツでこすれる刺激は絶妙すぎて射精してしまうこともあった。
普通に歩いているときでも我慢しきれずに射精してしまい、慌ててトイレへ駆け込んだこともある。
幸か不幸か勃起しても小さなペニスのため、周りから見て勃起しているとは思われなかった。
その状態で一週間がたち、常に刺激を受けていた亀頭は多少は大きくなったのかもしれないが、それとも腫れているのか区別がつかない程度だった。
講師の手でリングが外されると散々射精を続けていたペニスはすぐに萎えて小さく萎んでしまう。
それでも多少は効果があったのか、先端まで包み込まれた朝顔の蕾のようだった包茎ペニスは先端が少しだけ顔を見せるようになっていた。
「皮が剥けるようになりましたね、この調子でがんばりましょう」
講師の手で根本まで包皮が剥かれ散々刺激を受けた赤くなった亀頭が顔をだす。
「うっ……、は、はい……」
再び、敏感な亀頭をさらし射精を続ける日々を耐える大地だった。

>ヒカルさん
皮が伸びるのは嫌だけど、皮を使わないと扱けないというジレンマ……。
今後は包茎と早漏の設定をもっと活かしていきます!

>先端まですっぽりと被った皮さん
今からでも遅くはないですよw

>ひできさん
お久しぶりです!
さっそくご購入いただいたようでありがとうございます!
今回は番外編ですが、次回からはまた本編にもどります〜!
posted by たぬき at 20:29| Comment(3) | コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここで番外編とは!!
ますます本編が気になりますね、なんだか雲行きが怪しくなってきましたね(笑)
いったいどんな風に巨根包茎が治っていくのか、楽しみです!
ズルムケになった代わりに、挿入した瞬間射精しちゃう超早漏ずるデカマラなってしまうとか、
もっともっと早漏巨根包茎でいじり倒したいですね!
Posted by ヒカル at 2015年10月31日 23:26
試してみたい…
でも、先端まですっぽりと被った皮で、唐辛子みたいなモノを見られるのが恥ずかしくて、見られるだけで何もされなくても、ビンビンになっちゃうよ〜(T_T)
Posted by 先端まですっぽりと被った皮 at 2015年11月03日 08:17
まさかの番外編ですねw
本編も楽しみにしてます!
Posted by ひでき at 2015年11月05日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集