2015年08月20日

1日目 無料体験-2

次の男は50手前ぐらいのおっさんだ。
頭部は薄くなりはじめ、腹も出ている。
空調が聞いているのに暑いのか汗をかきながら講師の前に立つ。
講師に言われ恥ずかしがる様子もなくズボンとパンツを脱ぐ。
あらわれたのは腹の贅肉に埋もれるようにして生えているチンポだった。
半分ほど皮が剥け亀頭が顔をのぞかせている。
前と同じように講師が手を伸ばし包皮を剥き上げる。
黒ずんだ皮から完全に露出する、それなりの経験を思わせる赤黒い亀頭。
手を放すと皮は再び半分ほど亀頭を覆ってしまった。
サイズは平均程度だろうが、腹のせいで余計に小さく見える。
「あなたの場合は肉体改造コースか、亀頭増大コースがよさそうですね」
講師にそういわれると、男は迷わず亀頭増大コースを選んだ。

次々に男たちのチンポがチェックされていき、次は省吾の番になる。
緊張からバクバクと高鳴る心臓の音が聞こえる。
ほかの男たちと同じように講師の前に立ち、服を脱ぐように言われる。
他人の前でチンポを晒すなど考えたくもなかったが、ここでためらっていては逆に恥ずかしいと考え何もきにしていないのを装いズボンとパンツをずりおろす。
今までで一番のどよめきが部屋の中に響きわたる。
この中で一番の巨根。そして一番の包茎具合をしている省吾のチンポ。
垂れさがる包茎巨根を講師がつかみ、包皮を剥き上げる。
皮が余っているため、何度かたぐりよせようやく完全に亀頭が露出する。
黒く変色した包皮とまだピンクがかった色をしている亀頭、金玉も重たそうにぶらさがっている。
講師は興味ぶかそうに省吾のペニスをつかみ、亀頭をつまんだり、包皮を剥いたりかぶせたりしている。
「あ、あの……?」
今までの対応と違う講師の様子に戸惑った声をあげる省吾。
「あ、すみません。どのコースが一番良いかを考えてまして……。あなたは特別対応コースがよさそうですね」
「と、特別対応ですか……?」
「えぇ。おそらく通常のコースだと効果がないと思われるので……」
「そ、そうですか。わかりました……」
省吾はチラシを受け取り席へと戻った。

全員がチンポのチェックを受け自分に合ったコース内容の書かれた用紙を受け取った。
内容は細かく書かれているので一度帰ってからじっくり考え、一週間後までに受けるか受けないかを連絡すればよいらしい。
特別対応コースだといわれ、やはり自分の包茎チンポは普通とは違うのだろうか、と不安になった省吾はじっくりと用紙を読み尽くし、結局コースを受けることにした。

>ひできさん
包茎、触診……いい言葉ですよねw
メインは巨根包茎君です^-^

>ヒカルさん
どうもです!
仕方がなくとかどうしようもなくみられるっていうシチュエーションに萌えますw
結末はまぁいつもの感じですね! ハッピ―エンドにはならないと思いますw

>先端まですっぽりと被った皮さん
そういえばカントン包茎とか書いてなかったのでそっちもちょっと考えてみようかな……w
続きをお楽しみに^-^
posted by たぬき at 21:52| Comment(3) | コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特別対応コースとは一体!?
わくわくが止まらないですね!
Posted by ヒカル at 2015年08月21日 05:48
どうなるのか、続きが楽しみです!
そう、剥けない真性の人もいるはずですよね。
Posted by 先端まですっぽりと被った皮 at 2015年08月21日 20:34
果たして特別コースとは一体w
Posted by ひでき at 2015年08月23日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集