2014年09月19日

包茎空手部員 13-C話

数日後、監督は教室の前で自らの身体を教材にして授業を行っていた。
特殊な薬で小さくなってしまったペニスは、以前からは考えられないような一物になっていた。
すっぽりと被ってしまった皮は先端がドリル状になり余っている。
なんとか皮を剥いても蛇腹になった包皮はすぐに戻ってしまう。
赤黒く経験豊富な色をしていた亀頭も薄ピンク色になってしまいまるで子供のように見える。
薬の副作用か陰毛もなくなり、股間だけを見れば小学生のようだった。
鍛えられた肉体が、股間の情けなさを強調していた。
監督が顔を真っ赤にしながら、必死に授業をすすめる。
「し、思春期になると声が低くなったり、い、陰毛が……」
笑いながら自分の姿を見ている生徒たちを前に自分の身体を教材にする。
「小さすぎてみえねえぞー!!」
「ドリチンじゃねえか! 教科書と違うぞー!!」
「ツルツルだしガキかよ!」
今まで自信のある一物をしていた監督は屈辱と羞恥に身体を震わせながら授業を続ける。すると、徐々に萎えていたペニスが上をむきあっという間に勃ちあがってしまった。
「うわっ、勃起しやがった!」
「勃ってもちいせえなあ!」
散々禁欲させられ授業をしている監督は、羞恥心による刺激から快感を得てしまっていた。
勃起しても先端まですっぽりと被った包茎短小ペニスを生徒たちに晒しながら快感は膨れ上がっていく。
溢れだした先走りが皮の隙間から溢れだし先端をテカらせる。
「ほらほら、さっさと授業の続きしろよー!」
「次は精通のところだろ! 実演まだかよ!」
10分後、机を片付け生徒たちに囲まれながら教室の真ん中で監督は立っていた。
小さなペニスを握りしめ扱く、というより手の中でこねくりまわしている。
腰をガクガクと揺らしながら表情を歪ませたかと思うと、内股になりながら監督が絶頂に達する。
「もうイっちまったのかよ! 随分早漏だな!!」
「ちいせえくせに出す量は多いな! しかもすげえ臭い!」
小さくなった分敏感になっているのか、あっというまに射精してしまった監督の姿を生徒たちが口々に罵る。
小さく萎えていった情けない短小包茎ペニスの先端からは大量にたまった濃厚な精液が垂れ出していっている。
そんな姿を写真や動画に収められあっというまに学校中に拡散していく。
そこには今まで恐れられていた空手部監督の面影は全く残っていなかった。

短小包茎奴隷ENDでした。

>ひできさん
皆幸せなのが一番ですね!w 

>ヒカルさん
使われることのないデカマラも良いけど、無理やり使わされるのも良いなぁと思いました!(逆レイプみたいな)
posted by たぬき at 19:20| Comment(2) | 包茎空手部員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの立派だった監督の自慢のデカマラが
薬で短小包茎化されて、性教育される側に
落とされてしまいましたね。良かったです。
マルチENDお疲れ様でした^^
Posted by ひでき at 2014年09月29日 23:30
もう作品は書かれないのでしょうか?
毎日楽しみにしております。
Posted by ヒカル at 2014年11月30日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集