2014年09月13日

包茎空手部員 13-B話

数日後、部員たちが群がる中心に全裸の監督がいた。
立派なズル剥けの巨根を雄々しく勃起させながら、肛門には若々しくまだ成長途中のペニスを咥えこんでいる。
部員を押し倒し、自ら腰を上下に振りながら快感を貪り続ける。
表情はだらしなく緩み、口元は開き喘ぎ声を漏らしている。
我慢しきれなくなった部員が絶頂に達し、精液が吐出されるとすぐに次の部員が監督の肛門にペニスを差し込む。
ペニスに一切触れていないというのに監督の巨根からは精液の入り混じった我慢汁が次々に垂れ流しになっている。
大小様々なペニスで犯された肛門はひくひくと脈動を繰り返し、内壁をすぼめ部員たちのペニスから精液を搾り取る。
主将と副主将に復讐されてからというもの、監督は自分より若い男に無理やり犯される快感を忘れられないでいた。
最初はそんな自分が認めらないでいたが、あの時のような快感は得られず次第に鬱憤が溜まっていった。
しかし、新入部員のペニスの世話をしてやろうとしたときだった。
まだ刺激に慣れていない新入部員は快感のあまり監督の頭をつかみ無理やり腰を前後に振り自分勝手に射精してしまった。
主導権を握られ、口の中を蹂躙するペニスを感じているうちに監督のペニスは痛いほど勃起し、新入部員が射精するとほぼ同時に監督も射精してしまっていた。
もう我慢することはできず、監督は自ら四つん這いになり部員たちにむけて肛門をさらけ出すようになっていた。
最初はおずおずとした様子だったが、肛門にペニスをずっぽりと埋め込みながら巨根を勃起させ喘ぎ声を漏らす監督を見て部員たちも遠慮をなくしていった。
今では、部活以外の時間でも自ら部員をトイレや校舎裏へ連れ込みペニスを求める変態になってしまった監督だった。

巨根ENDです。皆幸せハッピーエンド……(?)

>ヒカルさん
こんばんは〜!
自慢の一物から一転情けない物に……。今まで合宿や銭湯では見せつけていたのに、今ではこそこそ隠れている始末です。
一応もう一個END用意しているのでもう少々お待ちを〜!(監督が再び勝つっていう展開ではありませんが……)

>ひできさん
こんばんは!
かわいそうに元々でかい分皮もすごい長くなってしまってます。
初めてみるチンカスなんかに驚きつつも興奮するようになってしまうんです……(>_<)
posted by たぬき at 20:24| Comment(2) | 包茎空手部員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆気持ちよくなって、ある意味グッドエンドですねw
Posted by ひでき at 2014年09月15日 12:27
もう一つのエンディングも気になります!
ズルムケデカマラなのに、掘られることに嵌ってしまうのってエロいですね!
Posted by ヒカル at 2014年09月16日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集