2013年03月08日

かみまつり7

一度射精した慎二の亀頭は赤黒くパンパンに、痛いほど張り詰めていた。
男の手が慎二の尻を力強く握り、押し広げるようにしてペニスを肛門に突き刺してくる。
「はああっ―――っ! あっ、ひいっ―――!!」
射精直後で敏感になっているためか、今まで以上の嬌声を上げながら、身体全体を揺らし、男に肛門を犯されている。
「一回出したっていうのに元気だなぁ」
「これだけ金玉がでかけりゃ随分ためこんでるんだろうなぁ」
垂れ下がる大きな金玉を強めに握られる。
手のひらの中で転がされる金玉に、慎二のペニスからから精液の入り混じった我慢汁がドロリと垂れていく。
「ぐっああっ―――!!!」
亀頭を鷲づかみにされ、我慢汁を潤滑油代わりに、直接扱かれる。
節くれだった手のひらの荒々しさと、我慢汁のぬめり具合が丁度よく、尿道を精液が駆け上る。
他の男たちも恩恵にあずかろうと慎二の体に群がっていう。
筋肉の上に脂肪の乗っかった張り出した胸をやんわりと揉まれ、その頂点にあるピンと隆起した乳首をコリコリと捻られる。
「ああぁっ!! くっううっ!!」
電流のような快感に、快感の悲鳴を漏らしながら逃げるように身体をよじる。
男たちは容赦なく慎二を身体を弄り回す。
「あああっ! も、もうだめだっ! おかしくなるっ―――!!」
苦しそうに声を漏らす慎二。
「んはあっ! イクッ! イクウウ―――っっ!!」
身体を大きくのけぞらせ、亀頭が一際大きく膨らむ。
一瞬、目の前が暗くなるほどの快楽を味わいながら、鈴口がパックリと開き、精液が噴出し始める。
ドビュッ、ドビュっと精液が噴出し辺りの男たちに降り注いでいく。
自分に撒き散らされる精液を男たちは有難そうに、全身で受け止め、口に入った汁は飲み干していく。
射精の瞬間、今までになく慎二の肛門が男のペニスを締め付ける。
全ての精液を搾り取るかのように締め付ける肛門に男も絶頂を迎えた。
「おおっ! で、でるぞっ……!! ふんっ―――!!」
再び、慎二の中に吐き出されていく男の精。
ドロドロになった慎二の中は、温かく男のペニスを締め付ける。
ズルっとペニスが引き抜かれ、収まりきらなくなった精液がぶぴゅっと音を立ててもれていく。
この日、興奮した男たちの祭りは明け方まで続き、最後の頃には慎二は半ば意識を失った状態で与えられる快楽に身を預けていた。


「かみまつり」これで一応完結です。お付き合いありがとうございました!

>Jさん
衆人監視はいいですね、デカマラでも短小でも楽しめますw

>未入力さん
こんばんは!
むちむちしたおじさんはおいしそうに見えますね!若者とは違った楽しみがあります。
posted by たぬき at 22:19| Comment(1) | かみまつり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前別の掲示板で見た時も良かったですが改めて見て良かったです。次も楽しみにしてます
Posted by J at 2013年03月08日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集