2012年02月16日

褌祭り

裸祭り。いわゆる男たちが褌姿で街中を練り歩く祭りである。

今年、初めて祭りに参加する小松大吉は、最近この町に引っ越してきたばかりの若者だった。

町になじむため、とほぼ強制的に参加を決定させられた。

大吉自身も乗り気ではあったからかまわないわけだが。

祭り当日。

町民たちは公民館に集まっていた。

皆、褌一丁になっている。

祭りでは、若者が中心となり神輿を担ぐことになっている。

大吉は神輿の上に乗り、肩を組合い、掛け声をあげる役割になっていた。

大吉たちが神輿の上に上がると、下の若者たちがいっせいに腰を持ち上げ、神輿を担ぐ。普段とは違う目線の高さ。大吉の気分も高揚していく。

神輿が動き始め、大吉たちの掛け声も響き渡る。

汗まみれになりながら、行進を続ける大吉だったが、途中でふと、股間を通る風が涼しいことに気づく。

「あっ、うわっ!!」

大吉の褌は結び目が解け、片足にひっかかった状態になっていた。

勿論ペニスは丸出しになり、更に神輿の上に立っているため、周りからみても丸見えの状態だった。

「あ、あっ……、ふ、褌が……!」

慌てて褌をつけなおそうとする大吉だったが、隣で肩を組んでいる男にとめられる。

「おいおい! 何してんだよ!! この円陣は途中で崩せないんだぞ!」

「危ないだろ! しっかり肩を組め!」

逆にがっちりを肩を抑えられ、股間を丸出しにさらけ出したまま行進は続く。

「わざとじゃないんだから、そんな咎めらることはねえよ!! 諦めろ!!」

「そ、そんなっ……!!」

神輿が揺れるたびに大吉のペニスがプルプルと上下左右に揺れる。

皮に埋もれた小さなペニス。ずっとコンプレックスだった子供のようなペニスを公衆の面前で晒してしまった。

恥ずかしさのあまり大吉は、その場でうずくまりたくなるが、それは左右の男たちが許さない。

行進は続き、祭りを見学している人たちには大吉の褌が外れていることに気づいたものたちもいる。

半ば涙目になりながら、やけくそになり、掛け声をあげる大吉。

「おっ、あいつ褌が外れてるぞ! チンポ丸出しだ!!」

「ちんこついてないみたいだな!! はははっ!」

酔った勢いで言っている言葉であったり、勿論悪気はないのだが、そんな容赦のない言葉に大吉のペニスはますます縮こまってしまう。

「随分かわいいチンコだなぁ!! 埋もれちまってるぞ!」

祭りが進むにつれ、他にも褌が脱げてしまうものがでてくる。

大吉の近くの男も同様に褌が脱げてしまっていた。

自分以外の男たちも大吉と同じような格好になれば、必然と大吉へ集まる視線も少なくなる。

安心する大吉。だが、視線を他の男の股間によせてみると、同時に情けなさが湧き上がる。

年齢が若くないものが多いためか、丸出しになっているペニスはどれもこれも大吉のものとは比べ物にならないほど大きなものばかりだった。

包茎のものもいるが、大吉ほど小さいものは誰もいない。

大吉の隣の男も、綺麗に剥け上がった赤黒い亀頭をした、長めのペニスがブラブラと揺れている。

改めて自分のペニスの情けなさを確認させられた大吉はペニスを更に縮こまってしまった。


祭りがおわり、大吉はタオルを腰に巻き、縁側に腰を下ろしていた。

他の男たちは褌をつけたものとはずれたままのもの、半々ほどだった。

酔っ払っていることも影響しているのかもしれない。

こうしてみると、褌が外れるのも、それを見られるのも珍しいことではないようだった。

中には自らペニスをさらけ出し、陽気に騒いでいるものまでもいる。

そんな大吉のもとに、地元の子供たちが走りよってくる。

「ねぇねぇ、兄ちゃん。兄ちゃんってちんこついてないの!?」

「さっき見たけど、全然見えなかったよ!」

こんな小さな子供にまで馬鹿にされてしまい、大吉は、半ばキレかけながら、
「んなわけねえだろ、1回しかみせねえぞ!」

その場で立ち上がると、タオルを勢い良くはずし、

「ちゃんとついてんだろうが! これが俺のチンポだ!!」

皮に包まれた短小包茎。毛は黒々と生えそろい密集している。

金玉にも毛が生え、だらんと垂れ下がっている。

サイズにだけ目を瞑れば男らしいペニスに子供たちの視線が集まる。

「本当だ! ちっちゃいけど、ちゃんとついてる!」

「ごめんなさい、兄ちゃん」

そういって子供たちは走って行った。

皆に見られていまさら隠すのもなんだと考え、タオルをはずしたまま座る大吉。

丸出しになった股間に風が注ぎ、ひんやりと心地よい。

祭りで体力を使ったためか、眠気が襲ってきた。

ガクっと頭がゆれ、数分だが意識が飛んでいたことに気づく。

目を下にやると、疲れマラというのか勃起したペニスが目に入る。

命一杯勃起しているが、それでも先端がほんの少し顔をのぞかせただけで半分以上、皮が亀頭を包んでいる。

先端からはじんわりと我慢汁が溢れ始めている。

さすがに、勃起を晒すのはマズイ。慌ててタオルを腰に巻きつける。

タオルの上からでは、勃起しているのかしていないのかわからないほどの盛り上がりだ。
さっきは子供に啖呵をきったが、情けなさに大吉は溜息をつくと、家路を目指した。



バレンタインデー兼褌の日ということで、褌つながりの短編です。まぁ半分以上褌脱いでますけど!

コメントありがとうございます。罵倒はノリで書いてますw 特に展開考えてないので、どうなるかわかりませんwヾ(・w・)ノこれからもよろしくお願いします!
posted by たぬき at 02:42| Comment(0) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集