2011年10月25日

保健室

始業時間前になると朝練でケガをした生徒が保健室に来ることがたまにある。

8時になって、棚の前で薬品を整理していると、保健室のドアがノックされ、ドアが開いた。

「すいません……」

弱弱しい声を出しながら入ってきたのは柔道着を着た生徒だった。
足を強くひねったらしく片足でひょこひょこと頼りない足取りで入ってきた。
椅子を持ってきてそれに座るように告げ、状況を尋ねてみる。

「部活で足でもひねったか?」

「はい……、受身とりそこねちゃって……。骨は大丈夫みたいなんですけど」

「どれ、見せてみろ」

柔道着の下だけ脱がせパンツ姿にさせると、片足を持ち具合を確かめてみた。

「つっ……!」

目を閉じ、眉間に皺を寄せた表情を見てなんとなくそそられてしまう。

あらためて顔をじっくりと眺めてみると中々端正な顔立ちをしている。

坊主頭だが、彫りが深く、柔道部らしく体も筋肉の上に軽く脂肪が乗っている。

つい足を強く動かしてしまう。

「いってぇ! な、何するんですか!!」

「このぐらいなら冷やしておけば大丈夫だ」

不満そうな顔をしながらこちらを眺めている。

パンツ一丁でこちらを見ている生徒の姿を見て、我慢がきかなくなってしまった。

「ついでに他のところも見てやろう。運動部にケガはつきものだからな」

そういって、羽織っていた柔道着も脱がしパンツ一丁にさせてしまう。

「な、なにするんですか! 別にケガしてないし大丈夫ですよ!」

パンツ一枚で真っ赤になりながら怒る生徒。先ほど足を入念に触ったためか、心なしか股間の膨らみがでかくなっているきがする。

「ん? ここが腫れてるんじゃないか?」

そういってパンツの上からぐっと股間を手のひらで包み込む。

「うわっ! な、なにするんだよ……!!」

足の痛みで思うように動けないのをいいことに、力をこめ揉んでやると若いからかどんどんでかくなっていった。

「やっぱり腫れてるみたいだな、見てやるよ」

ずるっとパンツをズリ下げると、半勃起したチンポが飛び出した。

年齢相応に淡い色をしたチンポ。半分ほど亀頭が顔をのぞかせている。

「どんどん腫れてきてるなぁ。このままじゃやばいから応急手当してやるよ」

俺は言うなり、かがみこむとチンポを口に含んだ。

「うあっ……!」

舌で皮を剥きおろし、剥き出しになった亀頭をふちから丹念に嘗め回す。

若いからか、カリの部分のチンカスも擦りあげるようにして舐めとる。

垂れ下がった精液のたっぷりつまってそうな金玉を片手で揉みながら、ジュポジュポと音を立てながら頭を上下させる。

「ふああっ、んんんっ!」

小さな喘ぎ声といやらしい音が保健室の中に響き渡る。

先端の鈴口を舌先でえぐるように舐めながら、チンポをしごきあげる。

天を仰ぎながら快感に絶えている。勃起したチンポからは先走りが次々にあふれていく。

しょっぱさを味わいながら存分にチンポを嘗め回していく。

同時に金玉も責められ、生徒はあっというまに絶頂に達した。

「うぐっ! イ、イク! イキます……!!」

ぶぴゅっと勢い良く飛び出した青臭い精液は俺の顔にふりかかり、顔中を汚していく。

口に入った精液を飲み干し、顔についたのをなるべく舐めとる。

生徒は、そんな俺の様子を、呆然としながら見ていた。


それからすぐふらふらとした足取りで授業のため教室へ戻っていった。

放課後になり、再び同じ生徒がやってきた。

「あ、あの……、足、怪我したみたいで……」

顔を真っ赤にしながらモジモジと話しかけてくる。

何を期待しているのか、柔道着の上からでもわかるほど彼のチンポは勃起していた。
posted by たぬき at 00:30| Comment(1) | 短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
柔道部君、可愛いですね。
Posted by at 2011年10月25日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

リンク集