2016年06月18日

短小包茎ビルダー 2話

普段のトレーニングを終えてシャワールームへと向かう。
汗を流しているとじんわりと体の奥から火照るような熱を感じる。
ズクンとペニスに疼きが走り一気に興奮状態に包まれていく。
原因はトレーニング中に差し入れされた飲み物に混入されていた興奮剤の効果だったが、もちろん隆二はそんなことには気づいていない。
あっというまに限界まで勃起し、今すぐにでも扱いて射精したいという欲求が膨らんでいく。
しかし、いくらシャワールームとはいえ、背後にガラスの一枚板があるだけの簡易的なものだ。
あまり長くシャワーを浴びていても不審だろう。
「くっ……ううっ……」
しかし、興奮剤の効果が強すぎるのか、我慢しきれなくなった隆二はついにペニスに握りしめ湯扱き始めた。
小さなペニスを手のひらで包み込み、こねくりまわすようにして皮ごと弄る。
勃起しても完全に皮をかぶったままの粗末な一物。屈強な肉体のため余計に情けなく見える。
黒々と生えそろった陰毛の中に埋もれるようにして頭を突き出している。
シャワーの音で喘ぎ声を消しながら射精に向かって一気に扱き上げる。
「んっ、あぁあっ……はぁっ……」
一心不乱に、ここがジムのシャワールームであることを忘れたかのようにギンギンに勃起し血管の浮き上がったペニスを強く西切り締める。
扱くたびに皮が上下し、ほんの少し亀頭が顔をのぞかせる。
肉体に見合わずとても小さなペニスを大きな右手で握りしめ扱き上げる。
真っ赤に硬く怒張した亀頭、引き伸ばされ張りつめた包皮をグチュグチュと上下する。
やっとのことでのぞいている鈴口からは透明な液体があふれ出し潤滑油となり隆二の快感を増長する。
身体をくねらせ快感に喘ぎ声をもらしながら絶頂へと近づいていく。
「くっ……イ、イクっ……イクッ……ああっ!!」
ビュルルっと強い勢いで噴出した精液の塊がシャワールームの壁へとぶち当たり張り付いていく。
ドビュっと音が聞こえるほどの勢いで大量の精液が、隆二が体をふるわせるたびに噴き上がる。
コンテスト前は禁欲している隆二は、たまりにたまった精液を興奮剤の影響もあり思う存分ぶちまける。
どこにたまっていたのかと思うほどの量をあたりにまき散らし、ようやく落ち着く隆二。
「はぁ……はぁ……、一体今日はどうしちまったんだ……。こんなところで……」
射精の余韻に浸りながら自分の体の異常に戸惑う隆二。
小さく縮こまったペニスの先端からは精液の残り滓が糸を引きながら床へと伝っている。
周囲に不審に思われないうちに隆二は精液を洗い流し急ぎ足でシャワールームを出ていった。

>ひできさん
新シリーズ始めました!
ゆっくりとしたペースですが投稿続けるのでよろしくです〜。

>ヒカルさん
竿も玉もお粗末な完全な短小包茎キャラでいきますw
勃っても小学生並……w

>先端まですっぽりと被った皮さんさん
コンプレックスを刺激できるようなシチュエーションを考えながらやっていきます!
短編もたまに書きます!w

>クゥさん
どういうルートになるかはまだ考えてませんw
これからもよろしくです!
posted by たぬき at 11:45| Comment(4) | 短小包茎ビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

短小包茎ビルダー 1話

とあるボディビルの大会、決勝戦のことだった。
7人の男たちが鍛え上げた肉体をこれみよがしにみせつけポーズをとる。
室伏隆二の順番が回ってきて、いつものようにポーズをとったときのことだった。
バチンッと高い音がなり、はいていたパンツが破れてしまったのだ。
本人は何が起こったかわからず、ポーズをとったまま固まっている。
一瞬静まった会場から、ざわめきがひろがっていく。
あわててスタッフがタオルを持ってきて室伏の体を覆いステージの端へとはけていった。

翌日のスポーツ新聞の一面に昨日の珍事件が乗っていた。
全裸でポーズをとった室伏の姿。股間にはモザイクがかかっているが、インターネット上には会場にいた客が撮った写真が流れていた。
探せばモザイク無のものも見つかり、当然のごとくソレは広がっていった。
それほど有名な選手ではなかったが、屈強な肉体とは裏腹に股間の粗末な一物が騒動を広げていった。
大きく張り出した大胸筋、その下にはボコボコにわれた腹筋。
そして張りつめた太ももの間の小さなペニス。先端まですっぽりと皮をかぶり余った包皮が窄まっている。
最新のカメラで撮影されたソレは陰毛にうずくまり突き出した包皮の皺までクッキリと写しだされていた。

そんなことも知らず室伏は次のコンテストへ向けて肉体を絞っていた。
前回は事故のため棄権扱いとなってしまったため、今回こそはと気合を入れていた。
あまりネットを利用しない室伏は自身がそんな騒ぎになっていることなど知りもしなかった。
小さなペニスはコンプレックスではあるもののそれをバネにし体を鍛えてきた。
あの場では誰かに見られたかもしれないが、それがまさか無修正でネット上に流されているなど思いもしなかった。

>ひできさん
シチュエーションものってことで超短編です!
続き物をかく体力がなかなか……w

>クウさん
初めまして、オカズにしてもらえてうれしいです!
着地点は決めてませんが、普段通り短小包茎を虐めたいと思いますw
posted by たぬき at 22:36| Comment(4) | 短小包茎ビルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

柿の種

この間スーパー銭湯へ行った時のことだ。
平日の昼間だからか客はいなくて広々とした風呂を貸し切り状態で使えた。
のぼせそうになりながら湯船につかっていると、誰かが入ってきた。
入口のほうに目をやると背の高い筋肉質な男がこちらへ向かってきていた。
男はほかに客がいると思わなかったのか、俺の姿に気が付くと慌てた様子で手で股間を覆い隠した。
しかし、俺は男が隠す前にしっかりとその股間を目に焼き付けていた。
ガッチリとした太ももに挟まれた小さな一物。
まるで柿の種のような小さく細い皮に包まれた情けないペニスというよりおちんちんという表現が似合う一物。
男は股間を隠しながらコソコソとシャワーの前に座り体を洗い流し始めた。
俺は湯船から上がるとわざと男の隣に腰かけ足を広げ頭を洗った。
チラチラと男がこちらへと視線をやっているのがわかる。
俺の脚の間でブラブラと揺れる自分とはまるで違うペニスに驚きながらも視線を外せない男。
俺は男の視線を股間に浴びながら見せつけるようにして風呂を出ていった。
posted by たぬき at 20:53| Comment(2) | 超短編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

3日目その2 特別対応コース4

「見てください、剥けるようになってきましたね!」
今まで包皮が余っていた省吾のペニス、今では亀頭がなんとか露出している。
「は、はぁ……」
散々寸止めを繰り返されたためか、かなり敏感になっている省吾のペニスは少しの刺激にも反応してしまう。
「この調子で今日はもうちょっと頑張ってみましょうか」
「え、ちょ、ちょっと……んああっ!」
萎えはじめている亀頭を再びゴムが包み込み、講師の手が扱き上げる。
「んっ、ああっ、も、むりですっ……!! ああっ、んっっ!!」
全身をビクビクと揺らし、半勃起のまま射精を始める省吾。
「あ、まだ勃ってないのにイっちゃいましたね……。勃起してるほうが効果があるんですけど……仕方ないですね」
そういいながらも刺激をやめない講師の手に、省吾は悲鳴にも似た声を上げる。
「だいぶ溜まっているでしょうから、今日はそれ全部出し切るまでイっていいですよ。また我慢してもらうんで今のうちに出せるだけだしときましょう」
「なっ、そ、そんなっ、んく―――っ!!」
中途半端に勃起したまま連続で射精させられ続ける省吾。
何度も絶頂へと達し大量の精液を無理やり搾り取られていく。
刺激を与えられ続けた亀頭は真っ赤になり、普段以上に敏感になっている。
10回目の射精でほとんど精液はでなくなり、鈴口がパクパクと口を開くだけになっていた。
「これで打ち止めみたいですね、亀頭を鍛えたおかげでだいぶ剥けるようになってますよ」
カリ首に蛇腹になった包皮。連続射精ですっかりと萎えたペニスがぶら下がっている。
連続での射精はきつかったがようやく剥けるようになってきたことで希望が見えてきた。
しかも亀頭を刺激したためか今までより余計にペニスがでかくなっているようにも見える。
今まではでかいのに包茎だということがコンプレックスだったが、剥けるのならこのサイズも堂々と自慢になる。


それから一週間ごとに講師から寸止めや連続射精を繰り返された省吾は今では普段でも亀頭が露出しているようになっていた。
蛇腹にはなっているがズル剥けの巨根は誰が見ても羨むような一物だった。
幾度となく責め立てられたためか、童貞にもかかわらず亀頭は赤黒く大人の男の色をしている。
そんな自分の一物を見て省吾は溜息をつく。
「はぁ……」
人前に出しても恥ずかしくない程度の露茎にはなったのだが、あの訓練が影響しているのか敏感に反応してしまいすぐに射精してしまう早漏になってしまったのだ。
もともと精力は強かった方だが、それもさらに強くなり今では毎日数回抜かないと収まらないほどになっている。
触れればすぐに勃起してしまい扱けばすぐにイってしまう。
当然それで彼女を作ることなどできるはずもなく今でも童貞のままだ。
包茎というコンプレックスはなくなったが、今度は新たに早漏というコンプレックスがうまれてしまった。
扱き続けたせいで亀頭も包皮も黒ずみ、見た目だけは経験豊富そうにも見える。
結局包茎は治ってもコンプレックスは解消されず、精力だけは盛んですぐに勃起してしまう巨根を持て余す省吾だった。


>先端まですっぽりと被った皮さん
なんとか剥けるようになりましたが、今度は逆に……。って感じです!

>ヒカルさん
ギリギリ剥けている状態に……。早漏で絶倫とかいいですよね!w

>ひできさん
お久しぶりです! ご購入ありがとうございます〜!
ズル剥けになりましたが、かわいそうに早漏に……w
posted by たぬき at 14:20| Comment(6) | コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

3日目 特別対応コース3

一週間ほどたち、再び講師のところへやってきた省吾。
禁欲生活に器具からの刺激のせいでペニスは常に勃起状態だった。
そのため布でペニスを押さえつけて勃起がわからないようにして生活していた。
溜まっているためか、もともと大きなペニスがさらに大きくなっていたような気さえしていた。
オナニーを覚えてからこれほど長く射精しなかったことなどない省吾は今すぐにでもたまりにたまった精液を吐き出したい欲望で頭がいっぱいだった。
器具を外してもらうために講師の前で服を脱ぐ。
すでにギンギンに勃起したペニスからは我慢汁があふれ出し湿り気を帯びて臭いを発している。
何もしていないのに勃起しているのを見られるのが恥ずかしいという思いはあったが、それ以上に早く器具を外して射精したいという気持ちの方が強かった。
「じゃあ、外しますね」
「あっ、んんっ……!」
器具を外すためにペニスに触れられるだけでもビクビクと全身を揺らしてしまう。
包皮口はさらに伸び器具を外しても口を開いたまま亀頭の先端が見えている。
「だいぶ広がったみたいですね、このぐらい広がれば大丈夫でしょう」
そういって包皮を根本へと手繰り寄せる。
「んっくっ……!」
ピリっとした痛みとともに久しぶりに味わうペニスへの直接的な刺激に喘ぎ声が漏れ出す。
包皮の中はべとべとに汚れ、カリ首にはチンカスがくっきりと浮き出ている。
「まずはコレをきれいにしますね」
そういって濡れたハンカチでチンカスをふき取っていく。
「はあっ……! あっ、んんっ!!」
ハンカチが亀頭をこするたびに膝がガクガクと揺れさらに我慢汁があふれ出す。
ダランと垂れさがる包皮の内側も指を突込みえぐるようにしてこすりあげ綺麗にふき取っていく。
「くあっ……!!」
皮を引っ張られる快感に嬌声を漏らしながら勃起を強くしてしまう。
「はい、拭き取れましたよ。包皮口も伸びましたし次は剥いた状態を維持できるようにしましょう」
「は、はい……」
「じゃあ、前と同じようにコレを使って亀頭を鍛えますね」
「あぐっ……!!」
前にも使われたゴム製のキャップが取り出される。
それを亀頭にはめられ、力強く握りしめながら扱き上げられる。
「ひっ、くっはぁっ――――!」
先端から根本へ向けて勢いよく扱き、先端を包み込むようにして回転させ亀頭を責め立てる。
包皮はペニスの根本で固定され、むき出しの敏感な亀頭を荒々しく刺激され、たまりにたまった省吾はまたもやあっというまに絶頂を迎えてしまう。
「んっ、も、もう……んああっ!」
「もうちょっと我慢を……、うわっ!」
耐える暇もなく、射精してしまい大量の精液がゴムの中へと吐き出されていく。
どぷどぷと収まりきらずあふれ出した精液がペニスを汚し垂れだしていく。
「あっ、ああっ!!」
精液を吐き出すたびに省吾の体が揺れ口から快感の声が漏れ出す。
「もうちょっと我慢しないと効果がでないんですが……。まあこれならまだイケそうですからこのまま続けましょうか」
「えっ、ちょ、ちょっと……ああっ!」
大量の精液を吐き出してもいまだ隆々と勃起したままのペニスを見て講師が再び亀頭を刺激し始める。
射精したばかりの敏感すぎる亀頭を責め立てられ省吾は膝をガクガクと揺らしながら快感に耐える。
「手、とめて……ください……! ま、またイキそうです……!!」
5分も持たず再び射精してしまいそうなる省吾。慌てて講師が手の動きを止める。
「さすがに連続で2回射精したら萎えるかもしれませんからね、今度はじっくり鍛えていきましょう」
そういって省吾の射精感がひいていくのを待つ。
少し落ち着いてきたところで再び亀頭をグリグリと責め立てカリ首を鍛える。
大量にあふれ出す我慢汁と先ほどの精液が白く泡立ちペニスや講師の手を汚していく。

それから30分ほどしてからようやく射精を許された省吾は、出し快感に声を漏らしながら2回目だというのに大量の精液を吐きだした。
ようやく萎えはじめたペニス、伸びきった包皮は蛇腹になっているがかろうじてカリ首にひっかかり剥けていた。

>ヒカルさん
番外編のほうでは救いがほしいですね……(剥ける)
ずっと包茎だったわけだから生半可な治療では剥けないでしょうね!w

>先端まですっぽりと被った皮さん
敏感なのもいいですね!

>ひできさん
今回から本編に戻りました!
多分番外編と交互になりそうな感じです〜。

>Aさん
ありがとうございます!
短小化で元の地位から落ちるみたいなのが好きですw
posted by たぬき at 12:20| Comment(3) | コンプレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集